睡眠で大事なことは|大人ニキビに悩む人に、ニキビの原因を教えていきます

ニキビを気にする女性

睡眠で大事なことは

肌荒れを気にする男性

人によっては睡眠不足が毎日のように続いてしまっていたりするでしょう。
女性だったら、睡眠不足が肌にはよくないことくらい、なんとなくでも理解していますよね。
しかも単純に肌荒れを起こすだけではなく、ひどい場合はニキビに直結してしまうので気をつけていかなければいけません。

今回はニキビと睡眠不足に関する話を詳しく説明していきましょう。
実際にダメージを受けている肌は睡眠中に回復していくので、睡眠のリズムが乱れてしまうとその回復能力が低下してしまいます。
そして睡眠不足はそれをおこなう時点で精神的にも肌にも大きなストレスを与えることになり、交感神経が優位になります。
交感神経が活発化すると大量の男性ホルモンが出るようになるので、肌に存在するバリアが壊れてそこから皮脂分泌が一気に増えていきます。
皮脂が増えるということはすなわち、そこからニキビにつながってくるというわけです。

では長く寝ればいいのか?という疑問がここで出てくると思います。
しかし実は睡眠時間を長く取ればいいということはありません。
理由としていえるのは、入眠してからおよそ4時間程度で肌の新陳代謝が活発になるからです。
つまり寝る時間を増やすよりも、いかに質のいい睡眠ができるようになるのかを先に考えていく必要があります。
睡眠の質がよくなれば、ニキビ予防にも大きくつながってくるでしょう。

ちなみに睡眠の質ですが、肌のターンオーバーがおこなわれるノンレム睡眠の時間をよく取るようにしなければいけません。
肌の回復が活発になる時間帯にどれだけ深い眠りにつけるのかどうかで、ニキビの予防ができるようになるかどうかが決まります。